一瞬で運気を上げる方法


おはようございますHCGの室本(ムロモト)です。

今日は、「運気を簡単につける方法」についてお話します。

 



あなたの周りにも、運の良い人悪い人がいると思います。

あの人はいつも上手く行ってる、あの人は何をやっても失敗しているなどと、

漠然とそのような印象で人を観ていることがあります。

 

運が良いとか悪いとか、

何を根拠に決まっているんだろう?

とか、どうすれば運が良くなるんだろう?

とか一度は考えたことがあると思います。

 

実は、運気というものは簡単に上げられるんです。

今日はその方法を書いてみたいと思います。

運気の上げ方

「物事には360°の側面があると考えるようにする」

 

これは、よく言われることですが、見方を変えるとも言えますね。

 

例えば、

「お金を落としちゃったんだよね~(泣)」

みたいな人がいた場合、あなたならなんと声をかけてあげますか?

私は恐らくこう言います。

 

きっと、その人はお金を落として落胆して、

そのお金があればあれも買えたこれも買えた、

こんなことになるなら使っておけばよかった。などと考えているはずです。

 

なので私は、

「それは気の毒だね。

だけど、きっとそのお金を拾った人が仮に交番に届けなかったとしても、

その拾った人はそのお金を多分遊びとか欲しいもの買うとかの目的で使うはずだよ。

そうだとしたら、消費や投資のしない日本経済に対して貢献したってことになるじゃん。

お金を落とすことは社会貢献だよ。

でも、その人はもしかしたら今日食べるものに困っている人かもしれない。

だとしたら、その人は神様に感謝するかもしれない。

お金を落としたあなたが感謝されてるようなものだよ。

お金を落として神様になるとかすごいじゃん。」

 

と、私がお金を落とした時は本気でこのように考えますし、人にも言ったことがあります。

 

まあその後、何かごちそうしてあげたりして励ましたりもしますが、

運の良い人はポジティブ

この言葉を伝えて、運の良い人と悪い人で、返答が二分することが実に興味深いです。

 

運の良い人

「そうだよね!私は良いことしたんだ!」

運の悪い人

「他人事だと思っていい加減なこと言わないでよ」

こうなります。

 

運の良い人を、単純なだけと思う人もいるでしょうが、

運の良い人の多くは単純ですし、それで気持よく生きていけるなら単純だっていいじゃないですか。

運の悪い人は、いつまでもどうにもならないのにいつまでもクヨクヨして、

切り替えることができません。

ポジティブでいるためには感情のコントロールが必要

本当にこういった違いは明確に出ます。

ポジティブに考えろってことでしょ?と言う方もいますが正確には、

「ポジティブに考えるためには、感情のコントロールが重要」

ここに気付いていない人が非常に多いのです。

 

感情をコントロールして、いつもいい気分でいれば一見悪いことが起こっても、

良いことのように変換できるのです。

また、よく成功者の過去を語られる時に「この人は苦労したんだな」とか思うことがあると思います。

 

しかし、客観的に見て大変でも、

その時は自分が苦労しているなどとは考えていないことが多いのです。

恐らく、その時、

自分は苦労しているなと思っていたら成功はできなかった可能性もあると私は感じます。

 

氣の持ちようとか、病は氣からとか我が国では気という言葉を先人が残してくれています。

 

この気という物がある前提で考え、感情をコントロールすることで氣を良くするイメージで使うことができればきっと運気はついてくるはずです。

掃除をする、音楽を聴くでも何でも良いのですが運気はあなたの気持ち次第で長くなったり短くなったりする如意棒のようなものです。

 

あなたがもし、運が悪くなっていると感じているなら是非試してみてください。

ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

   
   

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

にほんブログ村

コメントを残す