情報化される人間〜ワクチン接種という監視手段〜

情報化される人間〜ワクチン接種という監視手段〜

ワクチン接種における副反応について、専門的な見地は様々な医師やジャーナリストが明確にしています。

内海聡医師、船瀬俊介氏などの有名どころはもちろん、海外の医師(Dr. Sherri Tenpennyなど)

DR. SHERRI TENPENNYが主張していますし、内容を担保する根拠、結論に至るまで反論は困難です。


日本では、日本から撤退予定のアストラゼネカ社の供給するワクチンを大量に購入する契約を政府が行い、その副反応については責任を負わない旨の契約になっているとのことです。

「新型コロナワクチンに副作用があっても責任負わない」=アストラゼネカ

その上で、以下の記事のように副反応の賠償を国が肩代わりするという罠を仕掛けてきています。

コロナワクチン健康被害、国が賠償肩代わり 政府、法整備検討 海外製薬要請


ワクチンなんてものは副反応を語る以前に、「効果がない」のです。

効果がないことは、上記に挙げた方々の著作にデータが掲載されていますのでご参照ください。

麻疹ワクチンなデータや前橋レポートなど、ブラックジョークにもならないものです。


子宮頸がんワクチンの副反応による被害者に対する製薬会社や政府の対応を見れば、コロナワクチンで副反応が発生しても、「知らぬ存ぜぬ」を決め込むことは間違いありません。

ワクチン摂取の根本的な思想には「優生思想」が存在します。



端的に言えば、「家畜は管理されるべき」で、生殺与奪の権利や人生の選択、幸福の尺度などあらゆる「あなたの現実を」管理者に移譲させる手段がワクチン接種であり、義務化なのです。

刑務所という言い方もできますが、権力者の考えは「家畜」でしょうね。


単純に比較すれば刑務所も囚人のほうがよほどいい生活をしているという側面もあります。

大変でしょうけど。

そして、ワクチンを接種と並行して行われているのが、デジタルレーニン主義です。

富山市 「顔認証」決済の社会実験開始 誘客の効果を検証


上記の記事にあるように、人間はテクノロジーと融合していき、金属を体内に入れることで慣らしていき、それに適合しない個体は、さようならということなのでしょう。

いずれ、人間は「情報化」されクラウドデータベースを移動するようになります。


アバターを利用したテクノロジーが普及された社会は、人間とロボット垣根なくなり、人間や現実は定義され、全世界がクラウドネットワークに接続されたワンワールド「美しい世界」となるのです。


バカみたいな話ですが、彼らほどの知能の高さは常人からすれば気違いです。

所詮、常人には理解できない発想で世界を動かしているわけですから、そのような発想をしようとしない限り、彼らの手の内など見えてきません。


このような言論をすれば、陰謀論者のレッテルを貼られることは間違いありませんが、そのように人からどう思われるかという恐怖心は、今日本人に最も必要な「勇気」を滅却させてしまします。

「勇気」とは何なのか?


ワクチンを接種することは、事実上「人間をやめるか否か」を問われているということになります。

覚醒剤のレベルではありません。

過去に覚醒剤をしていた人でも更生しているケースが多くありますし、彼らも一日一日を懸命に生きています。

前回の記事で、心を明け渡す云々と書きました。

ワクチンによって人類は心を明け渡す

自分自身の自分である理由や根拠を亡くした人間は、果たして「自分」と呼べるのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

グローバリズムカテゴリの最新記事