御用学者

権威が考えを改めない理由

自由貿易」とか「規制緩和」、「自由化」、「競争原理」などバブル崩壊以降、今日までこれらの概念に沿った政策を我が国は行ってきました。

増税や社会保障費の削減等の「緊縮財政」もバブル崩壊以降行われ続けています。

それらの政策が経済成長を促し、国民を豊かにしているのであれば何の問題もありません。

続きを読む

プロパガンダに個人の道徳が敗ける理由

「プロパガンダ」

このブログでは、大きなテーマとしてこれまで記事にしてまいりました。

プロパガンダとは”政治的宣伝”というものですが、民主主義、権威というものと密接な関係があります。

また、「考え方」を「一定の”枠”に閉じ込める」といった目的もあるのです。

続きを読む