言葉の力を甘く見てはいけない


普段何気なく使っているこの言葉ですが、この「言葉」にはものすごい力があります。

ネガティブな言葉、ポジティブな言葉使い方を知っているだけで、感情に流されずに使いこなすと自分自身の精神衛生上にも良い効果を得られます。

また、かつて使われていた元々の使われ方とは、全く違った使われ方をしている言葉もあります。

我が国には言葉について様々な意味を持つ言葉があります。

「言霊」「言説」「勅語」「方言」「前言」「金言」

挙げればキリがないので興味のある方は調べてみてください。




この言葉というものは受け手のイメージを操る情報操作という側面で観ると非常に興味深いものです。

政治手法にワンフレーズポリティクスという手法がありますが、

これはたった一言で漠然と意味をイメージさせ、聞き手の感情を揺さぶるものなのです。

また、戦後GHQの占領政策によって「変えられた」言葉が幾つかあります。


GHQが変えた言葉

例えば「」という漢字。

この漢字の作りは、のぎへんにカタカナのむで構成されていますが、元々この私という漢字は

「和多志」

というように書いていました。

つまり、私、自分とは、多くの志を和すという意味でつまり、

「自分は全体の中の一人であって、全体があって個がある」

という意味です。





GHQは個人主義を広めたいがために「私」という漢字に変えたのです。

のぎへんには実るという意味がありますが「ム」には「もうない」「なくなった」もしくは「ない」の意味があります。

つまり「実らない」を表しており、日本人を骨抜きにしたいGHQの意図は3S政策からみても明らかですので、この漢字の変更にも意図が含まれていると見たほうが自然といえます。




和多志も変えられましたが、他には、「気」も変えられました。

本来、気は

「氣」

と書いていました。

米を〆に変えられたのです。

米は我が国日本では重要な意味を持つ作物でありますし、全国各地に神社やお寺があることを考えてみても、氣という漢字には、神の力をイメージさせる言葉、漢字であったのです。

作りのイメージのみで考えても、「氣」と「気」でどちらが縁起が良いか悪いかは一目瞭然です。

他には「莫迦→馬鹿」「靈→霊」


なぜ旧字体を変える必要があったのか?

書きやすくすると表向きには説明されていますが、そもそも当時の人間としては元々使っていた文字の方が、新しい漢字を使うより遥かに楽なはずです。

存在してない漢字であれば使いようがないんですから。



つまり、書きやすくするという理由以外にも理由はあるということです。

ましてGHQは「占領政策」を我が国に施していたのですから、穿った見方をするべき時代であるとも言えます。

占領政策の概要はこちら

私はGHQがこの「気」や「魂」、「霊」という概念を信じており、

占領政策を円滑に且つ、占領政策の目的を達成させるためには最重要と考えたからだと考えています。


言葉には気が宿る

先ほど例に挙げた「言霊」という言葉。

言葉には気が宿ります。

なぜ、先人達はこのような言葉を作ったのでしょうか?

それは正に言葉には力や気、魂が宿ると考えたのでしょう。



過去にこういった実験がありました。

水を観察し、水の結晶にどのような影響があるかを調べる実験で、片方にはネガティブな言葉をかけ続け、もう一方にはポジティブな言葉をかけ続けるという内容です。

すると、ネガティブな言葉をかけ続けた水の結晶は醜く、ポジティブな言葉をかけ続けた水の結晶は、美しく形成されたのです。

興味のあるかたは「水の結晶」で検索すればすぐに出てきますので見てみてください。




実際、私生活の中でもネガティブな言葉を発し続けているとイライラしたり、不平不満が湧いてきたり、とても前向きな気持にはなれません。

私自身も、自分の発想や考え方、意見、思考などは自分の中から出てくるものだと考えていましたが、知識や経験を重ねるにつれて、必ずしもそうとは言えないと思うようになりました。

思考が現実を作る」と自己啓発などではよく言われますが、「思考は言葉が作る」ということがスッポリ抜け落ちていますので自分の発する言葉に注意して、日々を過ごしていくことが重要です。


言葉は最強の武器

言葉が最強の武器と知っているのは、主にメディアと政府でしょう。

プロパガンダ工作では、大抵ワンフレーズの漠然としたイメージが湧くような言葉を使っています。

「民族浄化」

「自民党をぶっ壊す」

「財政健全化」

「国の借金問題」

「対テロ戦争」

「自由化」

「構造改革」

全て漠然としたイメージのメッセージです。

マーケティングでは主にメディア、メッセージ、マーケットという3要素を基本とした戦術を考えますが、このような言葉に引っかかり自らの頭では考えない人間をターゲットにすることで、大衆を誘導することが出来るのです。

広告の世界では「ワンコマーシャル、ワンメッセージ」という言葉があります。

つまり、15秒ほどの短い時間で発信者の意図を受け手に伝えるには、理解よりもイメージに訴えるほうが効果的だということです。

 洗脳はエンターテイメントの顔を持つ

この言葉が最強の武器であることを義務教育で教えられていないことが、そもそも驚愕する事実なのです。

言葉はあなたが思っている力よりも遥かに強大な力を持っていますので、使い方には十分に注意していただきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

   
   

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

にほんブログ村

コメントを残す