2秒で魅力的な人間になれる方法


おはようございますHCGの室本(ムロモト)です。

今日は、「魅力的な人の特徴 ~違いをさらけ出せるか~」についてお話します。



 

他人と違うことを恐れてはいけません

 

私の思う魅力的な人の特徴は

「自然に他人との違いを晒け出せる人」

だと思っています。

ここで言う、

他人との違い」というのは

広い意味が含まれます。

 

例えば、

「他人からのイメージと実際の自分との違い」

「昨日の自分と今日の自分の違い」

「いつもの日常となにかあった時の違い」

人には、

このように、生まれては消えていくような

様々な”違い”があります。

 

そして、

この違いこそが、

人の深み」にもなると思いますし、

この違いを大きく、自然にで他人に晒け出せる、

表現ができるからこそ、

魅力的に見えると思うのです。

 

例えば、

歌手の方で同じような歌ばかり歌う人と、

色々なジャンル(歌のイメージ)を出来る人がいます。

 

しかし、一流の歌手というのは、

色々なイメージをファンに持たせることが出来る」人のはずです。

 

実際、そういう歌手は魅力的だと感じるし、すごいと思います。

イメージを良い方向に裏切っているのです。

逆にいつもニコニコしてたり、

いつもイライラしてたりする人。

 

こんな感じで、

違い”が全くない人や、あってもそれを晒け出せない人は、

なんか深みがないような感じがして、

あまり魅力的には映りません。

人間は「底を」知られるとつまらなく見られる

 

端的に言えば、「つまらない」となってしまうのです。

また、「GAPがある人間の方が魅力的に映る

と、こういうことですね。

 

いつも、ニコニコしている人が

たまに怒るとビックリします。

ビックリしますが、

「この人にはこんな一面があるんだな」

と思えるし、

 

きっとその人のことを忘れることは出来ないと思います。

逆に、いつもイライラしてる人が、

怒ったとしたら。

すると、

「今日も通常営業だな…」

という風な感じになり、

内心小バカにしてしまう時もあるくらいな感情になるでしょう。

 

あとは、

いつもは暴力的で高圧的な人が、

たまに優しさを見せたりすると、そのギャップに

やられたりとかもままありますし、いつもヘラヘラしてる人が、

たまに本質を突くようなこと言ったりすると

場が締まったりもします。

 

ビジネスだったら、

いつもは傲慢な人が謙虚な面を見せると、

一番ダメなのは、いつも傲慢な人が

さらに傲慢になることや、

いつも謙虚な人が輪をかけて謙虚になることです。

それだと、ビジネスはうまくいかないし、

人としての魅力も落ちます。

 

元々、違いがない人っていうのは居ないはずです。

だからこそ一番重要なことが、

「それを他人に晒け出せるかどうか」

なんです。

 

他人から見れば、

それまでに定着したあなたのイメージがあるわけで、

それが本当の自分とは異なる事もあるはずです。

というか、異なる事の方が多いはずでしょう。

 

仮に「今日から自分をさらけ出そう」

と思った人がいたとします。

 

しかし、そこには「昨日までの自分」と

今日、そう決意した自分」があります。

 

他人からすれば、

昨日までのあなた」だと思っているけど、

本人からすれば、

今日、そう決意した自分」で

ありたいと思っているとちょっとややこしい状態になっているのです。

 

精神の監獄から抜け出そう!

 

ここで、その違いを平気でさらけ出せるか?

ここが、一番重要だということです。

当然ですが、堂々とさらけ出してしまえばいいです。

そう生きている人の方が魅力的なわけだから、

それに引き寄せられるように魅力的な人が集まってきます。

そして、それが「自由」だと言えるのでは無いでしょうか?

 

自分をさらけ出せない原因は大抵の場合、

他人の目の恐怖」です。

こんな風に思われたらどうしよう、おかしいと思われたらどうしようなどと、

それが恐怖になって、自分を出すことを諦めてしまうのです。

 

これは、精神の監獄とも言えます。

本来、自分をさらけ出すことは悪いことでも、

おかしなことでもないはずなのに、それを出来なくさせてるのは、

自分のいるその環境と心の弱さが原因です。

他には、常識の通りに人生を送る人間を作ることが「義務教育」

でもあるからです。

そこから外れた人間は変な目で見られてしまうという恐怖も、

そう思うように、教育ルールを決めている側の人間がシステム化しているだけに過ぎません。

 

これは、アメリカをはじめとする先進国は研究に研究を重ねて、

このような現実を作っています。

その研究をする専門機関もしっかりあるのです。

 

だからこそ恐れる必要は全くありません。

むしろ、自分を出さずにこれまで通りの環境に甘んじているなら、

何も変わりませんし、その変わらないことが、

最大のリスクとなってしまう可能性の方が遥かに高いです。

 

大きな自信を持って自分をさらけ出す!

 

ちなみに、

違いを平気で晒け出せるようになるには、

自分に自信がある」ということが前提です。

それがあるから、

他人にどう思われても良いと思えるようになるし、

自由に生きれるようになるからです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

   
   

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

にほんブログ村

コメントを残す