マーケティングは”知ってもらうため”の技術


今日は、「マーケティング頼みはいつか破綻する」についてお話します。



最近何かと、マーケティング技術がもてはやされています。

Webマーケティング、動画マーケティング、

ダイレクトレスポンスマーケティング、ステルスマーケティングなどなど

、挙げればキリがありません。

 

かく言う私もマーケティングそのものはビジネスにおいても

非常に重要な核となりうる部分でもあると考えていますが

問題がないこともないのです。

というのも、クソみたいな商品でもマーケティング次第で売れてしまうという問題です。

 

あなたの扱う商品やサービスをいかに多くのお客さまに売るか。

それを達成するための行動がマーケティングを考えるということに繋がります。

ところが、売り手自身が取り扱う商品やサービスを誇れず、

質が悪い商品を一生懸命顧客に買わせるという事態も起こっているということです。

 

多くの起業をする方や、企業は基本的に集客に頭を悩ませています。

ビジネスは作れるけど、集客は苦手という方が大半です。

 

そんな時、集客の技術を獲得して売り方がわかるようになると、

マーケティング技術は万能と錯覚してしまいます。

 

つまり、マーケティング技術を駆使して質の悪い商品やサービスを販売すると

、マーケティング頼みになり、

商品やサービスはどうでもいいと感じてしまう連中もいるということです。

 

商品やサービスが良いのは当たり前、消費者にとって役に立つことは大前提です。

この前提が崩れれば、口八丁でモノを売る単なる詐欺とイメージされることになります。

マーケティング技術はモノを売る為には確かに万能感があります。

 

ですが、この技術を使う側に倫理観が無ければ、

詐欺のツールにも化けてしまう技術であることも忘れてはいけません。

 

売上を上げるために日々努力をしているとは思いますが、時々、原点に還り、

「何故、この商品やサービスを売るのか」

「何故この商品やサービスでなくてはいけないのか」

「本当にお客さまは喜んでくれるのか」

など自問自答してみてください。

 

そうすれば、マーケティング技術に偏っていた意識のバランスが商品やサービスにまた戻り、

調度良くなることでしょう。

参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

   
   

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

にほんブログ村

コメントを残す