顧客の明確化の具体的な方法とは?


顧客を明確化するということの重要性を理解しなければ集客は相当に遠回りになります。

 


「顧客の明確化の具体的な方法」

 

顧客の明確化をする話をした際に、

理想の顧客を設定するという話もありますが、

ある意味では漠然としているような、

そんな悠長なことを言ってられないという意見もあります。

 

しかし、理想の顧客を設定することは大事なことです。

これはこれでしておくべきで、

そもそも顧客の明確化の目的は、

マーケティングミックスにおいて顧客にメッセージを発信する際、

よりその顧客に伝わるメッセージを作るためです。

 

当然ですが、そのためには徹底的なリサーチがメッセージを作る際に活きてきます。

そのメッセージを誰に向けて書くか、

作るかという意味で顧客の設定を以下の三つに絞るように、

クライアント様にはお伝えしてます。

 

「親」

「親友」

「恋人」

 

基本的に誰もが大切に思っているであろう存在です。

大切な人に対して自社の商品を販売する場合に、

口先だけとか言わばテクニックだけでものを薦めますか?

ということです。

 

主にコピーライティングに限定して言いますが、

親に見せても恥ずかしくないメッセージを作るべきです。

 

仮に売れれば誰でもいいと思っているのであれば、

間違いなく大して売れません。

顧客のことを真剣に考えてない企業の商品なんて売れるはずがないし、

消費者はバカじゃありませんから。

 

顧客を真剣に考えてないことが売れない原因であることが極めて多いのですが、

これらのことを教えてくれるコンサルタントは100人いたら1人か2人ぐらいです。

 

大切な人に対してであれば、イメージもはっきりするのでオススメです。

 

ペルソナの重要性

 

一般的に顧客を明確化をする際は、ペルソナシートというものを使います。

顧客の明確化は客観的に見れば「顧客を仮定する」ことです。

 

 

ペルソナシートを使う上での注意点は

「できるだけ細かく設定したものを使う」

「作った後はその設定した人間になったつもりで生活してみる」

一言で言えば、顧客のイメージがし易いからです。

 

人間は、経済学で前提とされているような、

常に自己の利益を追求し、

それを達成するために効率的な行動をするといった単純な存在ではありません。

経済学者は嘘をつく〜経済学の真実〜


細かく設定することで、一見非効率に見えるかもしれませんが、

修正など後のことを考えると細かく設定する方がよっぽど効率的です。

 

顧客のイメージがはっきり出来ていないと、リサーチの段階で、

一般的なマーケティング教材に書かれているだけのことしかできなくなってしまうことが

非常によ多く見られます。

 

マーケティングの本を読んでも上手くいかないという原因はこれだけではありませんが、

顧客のイメージが出来ていないことが、あまりにも多いことを踏まえると、

原因のひとつとなっています。

コピーライティングとも大きく関連しますので参考にしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

   
   

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

にほんブログ村

コメントを残す