どうして行動できないのか?〜行動力を飛躍的に上げる〜


おはようございますHCGの室本(ムロモト)です。

今日は、「どうして行動できないのか?〜行動力を飛躍的に上げる〜」についてお話します。

 


考える前に行動せよ!

経営者になってからも、起業する前の段階でも、

一度失敗した後も、どうにも行動できない人は多くいます。

 

行動すること、それだけをすればいいのですが、

中々重い腰が上がらないのです。

私自身は、経営レベルのことでは

考える前に行動すること

が何よりも大切だと考えています。

 

当然、事業計画やビジネスモデルなど事前に考えられる最低限のことはするべきですが、

それが出来たらさっさと行動に移さなければ何も変わりません。

 

どんなに素晴らしい事業計画でも一定の割合で問題は発生するのです。

 

だからこそ、鉄は熱いうちに打てではないですが、

事業計画ができてテンションが上がっているうちに

行動しなければいけないのです。

 

最初のうちの問題は起こってから解決せよ!

 

問題が発生したらその都度解決すれば良いのです。

ですがこの事業計画が出来た後に行動できない人が恐ろしい程の量なんです。

 

恐らく本人は行動したと思っているのだと思いますが、

やったことは、資金調達で2,3人に断られたとか、

周りに絶対うまくいかないと言われたとかこのような理由で、

行動に移せないということなのです。

 

行動に移せない理由

私は起業段階では、

この後の行動こそ一番大事なところだと思っています。

では、何故その後に行動に移せないのか?

 

「失敗したら恥ずかしい、怖い」

「がむしゃらに行動することをかっこ悪いと思っている」

「優先順位と後回しを混同している」

 

大体この三つが行動できない原因です。

これらについて考えて行動できないことがどれほどバカらしいかを説明します。

 

結論としては、

 

「あなたの失敗なんて誰も気付かないしそもそも失敗なんてしてない」

「がむしゃらにやらないで成功するのはがむしゃらにやって成功するよりも遥かに難しい」

「ウダウダ言わずに全部やろう」

 

となります。

失敗の定義を設定せよ!

失敗したら恥ずかしいということですが、当然失敗しない人はいませんし、

「失敗」に対しての認識が間違っています。

この世に失敗などなく、

あるのは「成功と学習」のみです。

 

失敗とは、見方を変えれば、

うまくいかない方法を知ったり見つけたりすることに成功している

ことです。

つまり学習しているのです。

 

また、恥ずかしいと言いますがあなたの周りには人の失敗を笑う人しかいないんですか?

そんな人は相手にすることもなければ、あなたが変わることで周りを変えれば良いだけの話です。

それに、周りがあなたの失敗に気付くほど暇であるとも限りません。

 

いちいち人の失敗をチェックするほど暇じゃないでしょうし、

そんな人は恐らく正常ではありません。

だから気にする必要もありません。

 

仮に失敗したとしても、何もしていない人間と、

挑戦したあなたとの差には雲泥の差があります。

次にがむしゃらに行動することをかっこ悪いと思っているのは、

これは現代のメディアも悪いとも思いますが、独立して、

また経営者で労働基準法の範囲内で成功した人は恐らく皆無でしょう。

 

成功の定義にもよりますが、

現代はパソコンの前でチャートを見て売り買いして利益を上げるデイトレーダーや

FXで一儲けしたというようなメディア報道も一時よくありました。

 

 

あんなモノを繰り返し見せられたら努力することやがむしゃらに行動することが

馬鹿みたいに思えてくるのも人情かもしれません。

役に立たないマスメディアに振り回される必要はありません。

 

ですが、そのデイトレーダーも利益を出すために繰り返しチャートを観ながら

時間やお金など多大な犠牲も払ったはずです。

 

その上、尋常ではない精神力と集中力が求められる非常に厳しい仕事です。

出資者のお金を溶かしたら大変なことになりますから。

 

要は、楽そうに見えて楽ではないということを言いたいのです。

 

食事も牛丼で済ませ、風呂も最速で入り、睡眠時間も少ない経営者などゴマンといます。

時々、土日は休みたいと言う経営者志望の方もいますが私は、

途中で失敗すると思うし絶対諦めるからやめた方がいい」と言ってあげています。

当然、ムッとされますが、私は自分のことを大変優しいと感じます。

 

ですが、がむしゃらにやらないで成功するのは、

がむしゃらにやって成功するよりも遥かに難しいのです。

優先順位などつけずに全部やろう!

 

また優先順位と後回しを混同している人の多いことにびっくりします。

 

優先順位=必ずやることにたまたま順位がついた項目

後回し=ウダウダ言ってやらない項目

 

正直なところ、デキる人というのは全部同時にやります。

いちいち順番など決めない人も結構います。

順番がやり終えた時に振り返ってみればこの順番だったと

言わば事後的な状態になっています。

 

これから起業するという状態のステージでは、

「とにかくやる」

ということだけである程度のところまで行きますから。

 

問題は解決できる人に頼むという柔軟性が必要で、

人に物を頼むのが上手い人ほどスピードがあります。

準備が出来ていないとか言いながら、

優先順位があると自分に言い訳をして

いつの間にか無かったことになってるなんてことはたくさんあります。

まとめると、

 

「あなたの失敗なんて誰も気付かないしそもそも失敗なんてしてない」

「がむしゃらにやらないで成功するのはがむしゃらにやって成功するよりも遥かに難しい」

「ウダウダ言わずに全部やろう」

 

コンサルタントとがこういったことを言うのはイメージが無いかもしれませんが、本当に大事なことです。

是非参考にしてみてください。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

   
   

SNSでもご購読できます。

ソーシャル

にほんブログ村

コメントを残す