デフレーション

安さを売りにするビジネスが社会を壊す

我が国はバブル崩壊後、橋本政権の金融ビッグバン、消費増税を経て、デフレとなり「100円均一」「安い、うまい、早い!」、「業界最安値」など、いわゆるデフレビジネスが登場しました。

続きを読む

経営者目線で考える事が正しいという洗脳

よく「経営者目線」とか「マネジメント的発想」といった言葉を使い、労働者に経営者の立場になって物事を考えることが重要であるかの如き、「教育」がなされています。

基本的に、経営者と労働者は「使用者」と「被用者」という対立軸の関係です。

企業は、「金銭(給料)を代償に労働力を得る」ということで人を雇いますし、労働者は「時間(労働力)を代償に金銭を得る」ということで所得を得るという関係です。

続きを読む

ブラック企業が生まれる原因とは何なのか?

何かと巷騒がすブラック企業問題ですが、最近では電通、NHKでの長時間労働による自殺や過労死などが記憶に新しいところです。

また、残業代未払いや上司の部下に対するパワハラ行為も目立っているところです。

続きを読む

”欲しいものが無い”は本当か?

我が国は、長らくデフレーションという経済環境に陥っています。

これまでデフレ脱却、経済成長を唱えてきましたが、未だにデフレは脱却出来ていません。

なぜデフレを脱却できないのかと語られる時に、必ず聞く議論があります。

それが、

「欲しいものがないからデフレを脱却できないんだ」

続きを読む

新自由主義の不死身ぶりは異常

新自由主義とは1980年台ころから台頭したイデオロギーです。

市場原理主義による経済政策は、「弱肉強食」であり、これまで我が国の経済も社会も、国防ですら壊してきました。

続きを読む