グローバリズム

グローバル化で日本人が困った6つのこと

90年台初頭辺りからグローバル化が叫ばれるようになり、いよいよそのグローバル化、正確にはグローバリゼーションは終わりを迎えてきています。

国境がないことは良いことだ」、「国境にこだわる時代は終わった」、「これからは世界を股に掛けてビジネスをするんだ」、「我々は日本人である前に地球市民だ」など挙げればきりがありませんが、我が国は、通貨を統一し、ヒト・モノ・カネの自由な移動という究極のグローバリズムを実現したユーロ諸国やEU離脱を表明したイギリスを観ても、更に、反グローバリズムを掲げたドナルド・トランプ大統領の誕生を観てもグローバル化を進めようとする、驚愕せざるを得ない国家です。

続きを読む

民主主義の欠陥とは?

我が国は建国以来の民主主義国家です。

古事記によると「神々の総意によって」という言葉があるところから見ると、元来、日本は合議制であると考えられます。

続きを読む

水道の民営化に絡む世界銀行

蛇口を回せば水が出る」日本人にとって当たり前になっていることです。

それも安く、公園や公共の場所には無料で飲めるところもあります。

しかし、この当たり前が当たり前でなくなるかもしれないのです。

続きを読む

賃金が上がらないのはなぜか?

賃金が上がらない」このテーマについて、検索すると様々な意見が見つかります。

小難しく説明されているものもあれば、簡単に説明されているものもあり、どの説明が正しいのかわからないとなる人も多いのではないかと思います。

続きを読む

改めて規制緩和とは?

規制緩和」という言葉。

どのようなイメージをお持ちでしょうか?

”規制”を”緩和”する=縛りを無くす=自由になる

続きを読む