プロパガンダ

フェイクニュース対策という言論統制〜1984年まであと少し〜

最近以下のようなニュースが取りざたされています。

政府、デマ拡散抑止へ本格対策 選挙や災害時、法制化は見送り

歴史上常に使われるフェイクニュース、対策は

「政府、デマ拡散抑止へ本格対策」は何をもたらすのか

政府のフェイクニュース対策を行うといった主旨の記事ですが、この事実が何を意味しているのかということを考えなければいけないのかなと思いました。

続きを読む

起こりえない「財政破綻」が起きるとしたらどのように発生するのか?

これまで私は、貨幣というものについて、また日本国債というものについて記事を書きました。

財政破綻を煽っていた財務省が「日本は財政破綻しない」という矛盾

やっぱりうまい財務省〜プロパガンダの知恵〜

財務省は恐い組織なんです〜日本の支配者としての財務省〜

理論的に、また究極的には自国通貨建て国債がデフォルトすることはあり得ません。

続きを読む

エンターテイメントを使う説得を考える〜納得を引き出すテクニック〜

過去に以下の記事を書きました。

洗脳はエンターテイメントの顔を持つ

この記事の中では洗脳やプロパガンダにはエンターテイメントの要素があるという主旨で説明しています。

社会を見ていると、このエンターテイメントを利用したプロパガンダや広い意味での「宣伝」は、常に、一般大衆を堕落させる目的を感じざるを得ません。

続きを読む

「公式発表」が信用できない理由

世の中には「公式」、「非公式」という言葉があります。

公式には~」「公式発表によると~」、や、胡散臭い政府発表をいわゆる「大本営発表」と言われたりもします。

しかし、政府の公式発表や、企業の不祥事による記者会見、教科書、などで確認できる情報は大抵の場合、疑問を残す内容になったり、出鱈目であったり、虚偽であったりと枚挙に暇がありません。

続きを読む

フィルターバブルとマスメディアが作り出す人間

フィルターバブルという言葉をご存知でしょうか?

スマートフォンの普及と共にインターネットを利用することも当たり前となっている現代では、人間がより画一的になる可能性があります。

その可能性を強めているのがフィルターバブルという技術です。

続きを読む

米国の侵略における「正当化」の観念

シリア空爆から北朝鮮問題と国際情勢は瞬く間に変化していく中で、我が国は「山口達也女子高校生に強制わいせつ」が最大のイシューというもう目を当てられない状態となっています。

続きを読む

なぜ、同じ広告やプロパガンダが繰り返されるのか?

テレビや新聞などのマスメディアの広告やプロパガンダは常に”繰り返す”という手法を使っています。

メディアの情報操作手法を公開します

 嘘を見抜く方法~正確な情報の掴み方~

「事実」はこうして作られる~既成事実化~

 洗脳はエンターテイメントの顔を持つ

プロパガンダの肝とは何なのか?

続きを読む